にゃんこ大戦争というゲームにはまってしまった件について~魅力を語る~

にゃんこ大戦争

画像出典:にゃんこ大戦争

どうも!こもりくん1号です!

今日は自分がハマってしまった、にゃんこ大戦争というゲームについて語りたいと思います。自分は基本的に課ガチャがあるゲームにはハマりにくいのですが、このゲームは違います。

無課金でも楽しめるような土台がしっかりしているのが、にゃんこ大戦争の特徴です。

今日はそんなにゃんこ大戦争の魅力を、余すことなく伝えていけたらいいなと思っています。

にゃんこ大戦争のぶっちゃけどこが魅力的なのさ?

最初に気になるのはこのゲームの魅力ですよね!

にゃんこ大戦争の魅力って人によって違うと思うんですが、自分の中だと以下の6つが大きいですね。

  1. 無課金でも全キャラ入手ができること
  2. 編成や操作スキルによって難関ステージも攻略できること
  3. 公式が無課金攻略を想定した難易度にしてある
  4. 対人要素がないから無理に課金しなくて済む
  5. にゃんこ達がユニークでキモかわいい
  6. シンプルだけど楽しい操作性

そこについてちょっと語ってみようかなって思います。

1.無課金でも全キャラ入手ができること

まず第一に大きいのは、無課金でも全キャラ入手できる点です!

まあ課金しないと時間がかかり過ぎて全キャラコンプリートは難しいのですが、無課金でも全キャラ入手可能なのはありがたいです。

ここら辺の不公平感が少ないのが、にゃんこ大戦争の魅力です。

2.編成や操作スキルによって難関ステージも攻略できること

画像出典:にゃんこ大戦争

そして編成や操作スキルによって、難関ステージでも攻略できるのも魅力です。

ここら辺の工夫とかもにゃんこ大戦争の面白さですね。レベルを上げて物理で殴るみたいな単調なゲームではないので、攻略する楽しさがありますね。

簡単なように見えて奥が深いゲームだなと感じています。

3.公式が無課金攻略を想定した難易度にしてあること

それと公式が、無課金攻略を想定した難易度にしているのも嬉しいですね。

課金したほうが楽に勝てるけど、無課金でも地道にやれば攻略できる作りになっています。ここら辺のゲームバランスの調整がうまいなと感じています。

勿論、課金したほうが楽に勝てるのは間違いありません。でも課金しなくても勝てるっていうのは、無課金ユーザーにとってはありがたいですよね。

ちなみにDPS(1分秒間に敵に与えるダメージ指数)が1位のキャラクターは、無課金で入手可能な覚醒ネコムートです。最強クラスのキャラが課金なしでステージ攻略で手に入るのは嬉しいです。

4.対人要素がないから無理に課金しなくて済む

またにゃんこ大戦争は対人要素がないから、無理して課金しなくても済むのも魅力です。

対人要素があると、どうしても勝ちたくて課金してしまいますよね。でもにゃんこ大戦争は対人要素がないので、無理に課金しなくて済むのが嬉しいです。

※ちなみにサービスは終了してしていますが、みんなでにゃんこ大戦争では対人要素がありました。

5.にゃんこ達がユニークでキモかわいい

これに関しては実際に動画見たほうがわかりやすいかも。

とにかくにゃんこがキモかわいいんですよねw

それに作った人が頭おかしいんじゃないか?wみたいなユニークなにゃんこがいるのも面白いです。

6.シンプルだけど楽しい操作性

あとシンプルだけど楽しい操作性も魅力です。

編成には頭を使うのですが、基本は画面をタップするだけなんで楽チンです。ただシンプルだけど奥が深い。にゃんこを出すタイミングによって、勝ったり負けたりするんでw

こういう操作性の良さもにゃんこ大戦争の魅力ですね。この6つがにゃんこ大戦争の魅力です。

逆ににゃんこ大戦争の悪いところはあるの?

以上が良いところなんですが、逆ににゃんこ大戦争の悪いとこが気になりますよね。

まあでも楽しませて遊んでいるので、特に大きな不満点はないです。ただやりこんだ人の場合はやることが無くなってしまうことがデメリットのようです。

自分はこの記事を書いている時点では、まだレジェンドステージも制覇してないし、本編も宇宙編2章で止まっています。

まだまだやることが多いので、飽きることはなさそうですね。

にゃんこ大戦争は無課金でも楽しめるのでおすすめなゲーム

画像出典:にゃんこ大戦争

にゃんこ大戦争は無課金でも遊べるので、多くの人に勧められるゲームですね。

6年間で4200万ダウンロードされていますし、スマホゲームでありがちな炎上話も聞かないので、ポノスの誠意もあって本当に長年愛されているゲームなんだなと感じます。

興味があればプレイしてみてください。気軽に楽しめるのでおすすめですw

コメント

タイトルとURLをコピーしました